杜撰

埼玉県、群馬県の惣菜店で販売されたポテトサラダなどを食べた人から腸管出血性
大腸菌O157が相次いで検出され、大きな食中毒事故に拡大してきました。

感染者は8月末の段階で15人となり、うち4歳の女の子が一時意識不明の重体に
陥ってましたが、その後回復に向かっているとのことでホッとしました。

原因食材は当初、ポテトサラダとしていましたが感染者の中にはコールスローサラダ
やマリネなど、数種類のサラダ類を食べた人もいたことが判っています。

発生原因の調査が行われていますが、特定できていません。
O157の長い潜伏期間が原因調査を困難なものにしているのかもしれません。

しかし、原因調査の過程で、この惣菜店での杜撰な衛生管理の実態が明らかになって
きました。

量り売り用のトングを複数の惣菜で使い回しにしていたのもそのひとつですが、調理
場には使用期限が平成24年の塩素系消毒剤が置かれていたとのことです。

つまり、長い間ぜんぜん消毒剤を使っていなかったということでしょう。
仮に使っていたとしても5年も前の塩素系消毒剤など役には立たないでしょうね。

また、同一のまな板や包丁を多くの食材に使用していたとのことですが、肉や野菜
などの食材によって(その後、加熱するかしないかによって)まな板、包丁を使い分
けるのは、飲食店においては常識ではないでしょうか。

そして更に、アルバイトを多く雇っているチェーン店でありながら、マニュアル類が
全く存在していなかったと・・・。
安易な気持ちで食品の製造や販売をやってもらっちゃ困ります。

O157の汚染経路は未だ判明していません。
でも、あまりに杜撰です。
なにかしら、必然的に起きてしまったような質の悪い食中毒事故のように思います。

感染された皆さまの速やかな回復をお祈りしています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QCマスター

Author:QCマスター
株式会社 食品の品質管理研究所
代表取締役 花野 章二
食品衛生コンサルタントとして独立開業いたしました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
見にきてくれてありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR