クドア

富山県砺波市の飲食店さんで食事をした男女18人が、下痢や嘔吐などの食中毒とみ
られる症状を訴え、原因はヒラメの刺身に付着していた寄生虫:クドアだったこと
が判りました。

あまり聞き慣れない寄生虫の名前だと思います。
クドア(Kudoa septempunctata)は粘液胞子虫類(これも聞き慣れない…)で、
大きさは 10µm 程度の星のような、花のような形をしています。

2010年に輸入養殖ヒラメから新種として発見され、昨年1年間では21件の食中毒事故
があり、患者数は245人でした。
多くないですが、そんなに珍しいものでもないようですね。

症状は比較的軽度で吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの一過性のものであり、発症後
24時間程度で回復するみたいです。

このクドアによる食中毒防止対策は、冷凍または加熱することですが、せっかくの
ヒラメがこれじゃ台無しですね。

同じ魚の寄生虫であるアニサキスが最近急増とかで問題になっていますが、こちら
は体長が2~3㎝あるため目視で見つかることもあり、またよく噛んで食べることで
やっつけることができる可能性がありますが、クドアは10µm・・・ ムリですね。

今回事故のあった飲食店さんに対しては、ヒラメの仕入れ先でクドアの検査が行わ
れていたかなどを確認するよう指導した、となっていますが検査の実態はどうなん
でしょううか。

個人的には気にせず、おいしいヒラメのお刺身をいただきたいと思います。
ただ、なかなかの高級魚なんで・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QCマスター

Author:QCマスター
株式会社 食品の品質管理研究所
代表取締役 花野 章二
食品衛生コンサルタントとして独立開業いたしました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
見にきてくれてありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR