2件の異物混入事故

東京に本社を置く漬物メーカーさんの「福神漬」において、「製造設備の一部が摩耗
していることが判明」したことから回収されています。

具体的に記載されていませんが「商品の製造ラインについては金属検出機およびX線
異物検出機で確実に除去される・・・」となっていますので金属異物の混入だろうと
と思います。

「製造設備の一部が摩耗していることが判明」というと、微細なサイズの異物を想起
しますが、金属検出機で確実に除去されるのであれば、それなりの大きさってことで
すね。

このあたりは、もう少ししっかりと説明すべきじゃないでしょうか。
他社の事例を含めて、なんか余計に消費者に心配を掛けてるような文面が多いこと
が気になっています。

続いて・・・
福島県のJAさんが販売したお米に、精米プラント機械の合成樹脂部品が損傷し、異
物混入事故があったために回収されています。

さて、この2件の異物混入事故で気になるのは、福神漬の場合は、3~6月に出荷
されたものが回収対象となっています。
後者のお米の場合は3~5月末までに製造されたものが回収対象となっています。

この対象範囲をどのように決定されたのかは定かでないですが、ひとついえるのが
相当な期間にわたって製造設備が異常な状態(異常な摩耗や欠損)になっていたこ
とに気がつくことなく、製造が続けられていたことです。

製造設備に由来する異物混入事故の発生例は少なくありません。
今回の2例はどのような状態になっていたのかは判りませんが、日々の製造設備の
清掃や洗浄作業の際に異常が発見できなかった訳ですから、清掃や洗浄といった
食品工場で大切で、かつ基本的な仕事がしっかりと出来ていない工場って思います。

工場の機械、設備の清掃や洗浄の作業は、同時に重要なメンテナンスの作業である
べきなんですね。

食品衛生7Sができている食品工場は、このような事故が発生する可能性がとても低
いです。

   「整理」「整頓」「清掃」「洗浄」「殺菌」「躾」「清潔」

この7つのSを大切にしましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QCマスター

Author:QCマスター
株式会社 食品の品質管理研究所
代表取締役 花野 章二
食品衛生コンサルタントとして独立開業いたしました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
見にきてくれてありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR