非常食

東京 江戸川区の都立高校で先月、1泊2日で実施した防災訓練の夕食として非常食
の「わかめごはん」を食べた355人の生徒のうち、112人が腹痛や下痢などの食中毒
症状を訴えました。

患者の便などからウエルシュ菌が検出され、保健所はわかめが原因の可能性がある
とみて調べています。

この「わかめごはん」がどのような製造方法で、どのような形態の非常食なのかはわ
かりませんが、こんなことあるんですね。

私は22年前の阪神淡路大震災を体験しました。
当時、勤めていた食品会社も甚大なダメージを受け、2ヶ月以上も操業ができなくなり
ました。

工場の冷蔵倉庫が使えず、また出荷もできなくなり在庫の商品を近隣の避難所に無償
配布しようとしましたが、すべて断られました。

1月の寒い時期でしたので、要冷蔵の食品でも大丈夫だったんですが保存方法(10℃
以下)に合致していないため使えないとのことでした。

地震の被害で心身ともに疲れ果てた人たちにとって、冷蔵庫に入っていなかった要冷
蔵の食品なんか、万が一のことを考えると当然の対応ですね。

さて、この事例ですが、非常食なのでそれなりの長期保存が可能な商品だったと思い
ます。

なぜ、このような商品が製造されたのか、なぜこのような商品が出荷されたのか…。
メーカーさんにはしっかりと調査してほしいところです。

若い高校生が112人も発症しています。
実際に被災地の避難所でこんなことが起きていたらと思うと・・・

ゾッとします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お邪魔します。そうですね、被災地で発生したら状況はかなりひどくなりますね。今回の件もよりによって、というシチュエーションですね。

Re: No title

TORU 様

コメントありがとうございます❗
実につまらない食中毒の事例ですね。
これからも宜しくお願いします。
プロフィール

QCマスター

Author:QCマスター
株式会社 食品の品質管理研究所
代表取締役 花野 章二
食品衛生コンサルタントとして独立開業いたしました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
見にきてくれてありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR