シリカゲル

東京の業者さんが輸入した「えごまふりかけ」の一部商品に乾燥剤の不良品が混入
した可能性のあることから回収されています。

乾燥剤はシリカゲルを使用しているとのことですが、文面から乾燥剤の袋が破れて、
またはシール不良により、シリカゲルがふりかけの中に散らばってるような状態だと
想像がつきます。

そういえば、シリカゲルって最近あまり使われていないように思いますが、包装技術
の向上によるものなのでしょうか。

シリカゲルは化学的に、また物理的な吸着特性をもっており、二酸化ケイ素の微粒子
が集まって、網の目のような微細な孔を形成しており、この微細な孔の内側に水蒸気
などの各種物質を吸着していくというものです。

シリカゲルのメーカーさんは、食べてしまっても全く安全性に問題はないとされていま
すが、この事例では輸入業者さんは「シリカゲルは口にしても毒性はほとんどないが
稀に口の中がただれたり、食道の壁に付着して炎症を起こすことがある」とされてい
ます。

非常に稀なケースであっても、このような症状を起こす可能性があるというのはよろし
くありませんね。

ちなみにエゴマ(荏胡麻)はシソ科の一年草で、食べると十年長生きできるといういわ
れがあり、日本では縄文時代から食用に、また搾油用として栽培されていました。

「十年長生きできる」ことから(?)今では「エゴマ油」といえば、健康食品として知
られていますが、認知症予防とかうつ病改善、ガンや高血圧の予防、はたまた美肌効果
まで例によって過度な広告が並んでいます。

取り敢えず、健康被害がでなければいいですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QCマスター

Author:QCマスター
株式会社 食品の品質管理研究所
代表取締役 花野 章二
食品衛生コンサルタントとして独立開業いたしました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
見にきてくれてありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR