魚の原産地

関東農政局は東京の水産物卸業者さんに対し、冷凍メバチマグロ、本マグロ、及び
冷凍メカジキに事実と異なる原産地を表示し、また本マグロに養殖された旨を表示
しないなどの不適正な表示をして小売業者に販売していたとして、食品表示法に基
づき、表示の是正とあわせて原因の究明、再発防止対策の実施などについて指示を
行いました。

不適正な表示の内容はさまざまですが、原産地について「中国産(太平洋)」に日本
船籍の漁船が太平洋で漁獲した「国産」であることを示す「日・南太平洋」と事実と
異なる原産地を表示など、多くは「国産」表示の偽りです。

現在の水産物の原産地表示のルールでは「国産品にあっては水域名又は地域名を、
輸入品にあっては原産国名を表示し、水域名の表示が困難な場合にあっては水揚げ
した港名または水揚げした港が属する都道府県名をもって水域名の表示に代えるこ
とができる。輸入品にあっては原産国名に水域名を併記することができる」などと
なっています。

世界中の海はつながっていて、お魚は自由に泳ぎ回っているので別に・・・。
とも思いますが、それでは原産地表示は成立しませんね。

また、養殖されたものについては「養殖」と表示するように定められています。
「養殖」と「天然」を比べると、「天然」の方が品質が上で、美味しいように思われ
るかもしれません。

しかし、今や完全養殖が可能になったマグロについていえば、私は「養殖」の方が
安定的に品質が「天然」を凌駕していると思っています。

言いたいのは、わざわざリスクを冒して産地偽装する必要などないのに、法律違反
するのは愚かなことだということです。

本マグロは既に絶滅危惧種となってしまっています。
もっともっと養殖が盛んになり、資源が守られていくことを願っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QCマスター

Author:QCマスター
株式会社 食品の品質管理研究所
代表取締役 花野 章二
食品衛生コンサルタントとして独立開業いたしました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
見にきてくれてありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR