バナナ果汁が混ざった!

北海道の大手乳業メーカーさん製造の乳製品4商品に製造ライン配管中に残存した
バナナ果汁が含まれた少量の調合液が誤って混入したことが判明し、回収されてい
ます。

バナナ果汁の混入は微量であり、健康に影響を与える可能性は極めて低いとのこと
です。

この事例、消費者からの「少しバナナの風味がした」という問合せがあり、問題が
発覚しました。

もう20年以上前のことですが、乳製品の会社で品質管理の仕事をしていました。
牛乳類も製造しており、製品検査としての品質管理の役割は充填開始時の商品につい
ての、脂肪分・無脂乳固形分・乳酸度の測定、アルコールテスト(鮮度判定)そして
官能検査などを行っていました。(現在はどんな検査をされているのかわかりません)

この事例、バナナ果汁の混入は微量とのことです。なので、前述の検査でもし、異常
が検出された可能性のあるのは、唯一官能検査(視覚、嗅覚、味覚など、人間による
五感検査)です。

今回、消費者からのお申し出が何件あったかは定かでないですが、ごく少数だと思い
ます。

人の五感というのは一定ではありません。
これまでに、いろいろ実感してきましたが、私の場合は酸味、酸臭には非常に敏感だ
けど、苦味にはちょっと鈍感みたいな感じで、誰もが強いところと弱いところを併せ
持っているものです。

超微量(検出限界イッパイ)のクロロフェノール臭が問題になったことがありました
が、敏感に感じとることができるのは4人に1人くらいだった記憶もあります。

このメーカーさんだって、しっかり官能検査はされていると思いますが、今回の微量
のバナナ果汁の混入は、通常の官能検査では異常を検出できなかったのではないで
しょうか。

詳しい状況は判りませんが、発生原因はたぶんラインの切替時の不具合によるもの
です。ここの対策が肝心です。

検査では、異常品が止まらずに出荷されてしまうこともあるのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QCマスター

Author:QCマスター
株式会社 食品の品質管理研究所
代表取締役 花野 章二
食品衛生コンサルタントとして独立開業いたしました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
見にきてくれてありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR