保存温度の誤表記

岐阜の量販店さんで販売の「イベリコ豚しゃぶしゃぶ盛合せ(冷凍)」の表示ラベルに
保存温度を「-18℃」とすべきところ「13℃~18℃」と誤表記していたことから回収さ
れています。

食品の表示の保存方法をみると、いろんな表記があります。
-18℃以下・-15℃以下・4℃以下・10℃以下・0~10℃・そして冷暗所など・・・

結構、細かくなっていますが、一般的には「冷凍」「冷蔵」「常温」といったカンジ
で保管されているのではないでしょうか。

それにしても今回の誤表記「13℃~18℃」って、いったい何と間違えたのでしょうか。
こんな微妙な温度帯で保存する食品ってありましたっけ・・・? (たぶん、ない)

今回の場合は品名のところに(冷凍)と記載されているようなので大丈夫と思います
が、保存温度の誤表記は、時として重大なことになってしまう危険があります。

この冷凍のお肉を、もし真に受けて18℃で保存していたら非常にマズイことになってい
たでしょうね。

食品の回収情報では期限表示とアレルギー物質の誤表記が非常に多いですが、保存温
度の誤表記も、ひょっとしたら健康被害を伴う事故に発展してしまうかもしれません。

年のはじめに表示のチェックについて、もう一度見直してみましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

QCマスター

Author:QCマスター
株式会社 食品の品質管理研究所
代表取締役 花野 章二
食品衛生コンサルタントとして独立開業いたしました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
見にきてくれてありがとう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR